現在、ベトナムのホーチミンで現地法人を財務面から支援するコンサルティング会社VISTA MANAGEMENT を立ち上げた笠松卓史さん。
6年前に日本を飛び出してからハノイ、シンガポール、ホーチミンと拠点を変えながらアジアを股にかけてお仕事をされてきました。
もともとは日本の銀行に勤めていた笠松さんが3回の転職の後、ベトナムで独立された経緯についてご家族のことも踏まえながらお話をお伺いしました。

kasamatsu.jpg

Q. 現在はどのようなお仕事をされているのですか?

現在は、ベトナムに進出する企業・現地法人に対して、財務コンサルティング、ベトナム企業のM&Aアドバイザリー、内部体制構築(会社の仕組み作り)支援を行っています。
お客様に寄り添い、共に成長していけるようなコンサルティングを理念として掲げています。

Q. 日本ではどのようなお仕事をされていたのですか。

まず新卒で入社した銀行では、資金運用の部門で外国債券や日本株式の投資先企業の調査を行うアナリストやファンドマネージャーとして働いていました。
そこで、多くの投資候補先の中小企業の経営者に直接インタビューすることで、様々な経営者がそれぞれの経営戦略を作りどのような成長を遂げるか近くでみることができ、この成長にもっと関わりたいと考え、監査法人系のコンサルティング会社に転職しました。
そこでは、中小企業の「株式公開支援」と業績が悪化した企業のサポートをする「再生支援」に携わっていました。

Q.ベトナムとの関わりのきっかけを教えてください。

当時在籍したコンサルティング会社とベトナム進出を支援する研究所との提携によって、日系企業のベトナム進出のサポート業務に携わり始めたことがきっかけです。
ベトナムに出張で行くことが増え、働いているベトナム人は積極的で向上心も高く、国全体に活気があることと、欧米と比較して日本と文化的にも近く親日であることから、すんなりと馴染むことができる雰囲気があると感じ、徐々にベトナムに興味が湧いていきました。

Q. その後、どのような経緯でベトナムに転職されたのですか。

2008年のリーマンショック以降、世の中が急激に変わってきて、再生支援事業の仕事が増えました。
その中で、短期的にはコスト削減で危機を乗り越えたとしても、長期的な企業の成長には新しいものを作り出すこと、売上を増やすことが必須であり、海外に進出することが1つの選択肢と考えるようになりました。
しかし、日本にいながらの海外進出支援に限界を感じ、それなら「自分がベトナムの現地から海外進出をサポートできれば」と考え、9年間勤めた会社を辞めてハノイのコンサルティング会社に転職しました。

Q. ご家族は反対されなかったんですか?

家族からは反対されました(笑)。
安定した生活があって安心安全な日本から、何も知らないベトナムに行くのですから。
しかし、これから伸びていく市場であるベトナムに将来的なポテンシャルを感じましたし、子どもたちに小さいうちから厳しい環境である海外経験をさせておきたかったので、ちょうど良い機会だと考えました。

気になる続きはこちらからどうぞ!
https://vietnam-navi.info/article/vista-management-kasamatsu

※「ベトナムで働く日本人インタビュー」とは?

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
「JAC Recruitment Vietnam」
  X  
「ベトナム生活観光情報ナビ」
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

ベトナムで働く人々を応援したい!
そんな思いからはじまった、2社によるコラボレーション企画です。
JACベトナムに来たインターン大学生たちが、ベトナムで働く日本人インタビューをさせていただきました。
なぜベトナムで働き始めたのか?これからの目標は?プライベートは?etc
「ベトナム生活観光情報ナビ」に随時掲載させていただいております。

※あなたもベトナムで働きませんか?

ベトナム最新求人情報はこちらから!

http://www.jac-recruitment.vn/index-jp.html