lady.png

奥様プロフィール

お名前: ちひろさん 30代
ベトナム滞在歴: 4年
お子さん: 1人(1歳)
旦那さんの職業: コンサルティング会社

旦那さんの海外赴任のため、ベトナムに来て4年になるというちひろさん。
1歳になるお子さんとともに、開放的なベトナム生活を楽しんでいる姿が印象的でした!!
環境や状況を受け入れて、ナチュラルに生きるちひろさんに迫りました。

✵奥様の過去 ~結婚を機にベトナムへ~

Q.なぜベトナムにいらっしゃったのですか?

結婚したのとほぼ同じ時期に、夫がベトナムに配属となったのがきっかけです。その時はすぐに仕事をやめることもできなかったので、1年後に夫を追いかける形でベトナムに来ました。

Q.日本ではどのようなお仕事をされていたのですか?

人材の会社で働いた後に、転職して医療品関係の会社の事務をしていました。

Q.仕事を辞められてベトナムにいらっしゃったんですね!大きな決断ですよね?

そうですね。でも、結婚のタイミングでベトナムに来る方は多いですよ!

Q.海外、しかも先進国ではない東南アジアで生活することに不安はなかったですか?

学生時代にベトナムに来たこともあったので、他の人に比べたらベトナムや海外で生活するということにあまり抵抗はなかったかもしれません。

couple.jpg

✵奥様の現在 ~ベトナムは日本より住みやすい~

Q.住んで4年経ち、ちひろさんにとってベトナムはどのような場所になりましたか?

生活しやすい街だなと思います。ゆるく自由な国なので、生活をしていて窮屈な思いをすることがないです。特に子育てに関しては恵まれた環境です。道やカフェなどでベトナム人がいつもにこやかに話しかけてくれて、肩身の狭い思いをすることなく出掛けられるのが良いいですね。日本とは違って、子どもを連れていて申し訳なく感じることがないです。

Q.しかし日本に比べて不便な点も多いのではないですか?

確かに大気汚染が酷くて環境問題は気になります。外は空気が汚くて窓を開けられないですし、かといって窓を閉めていたら湿度が高いので困ります。最近は家の中で蟻が大量発生するのが問題です。(笑) 子供の教育に関しても言語の問題や学習塾の不足などがあり、生活をする上で悩むところもあります。

Q.ベトナムではどのように過ごされているのですか?

日本では会社で働いていましたが、現在はVISAの問題でフルタイムで働くのが難しい状況です。それは"制限されている"ことになりますが、裏を返せば、自由な時間を持てるということです。最初は大学生に戻ったような感覚でした。私は、語学学校で英語を習ったり、NGOで日本語のボランティアを行ったりと有意義に過ごすことができています。

Q.家族で駐在となると、日本人同士の人間関係が面倒という話も聞きますが、ちひろさんはどのように感じますか?

私の場合、人間関係が面倒だということはなかったです。ベトナムは日系企業が進出し始めて日も浅いという事もあってか、日本人内での抑圧的な関係性はあまり無いように感じます。

baby.jpg

✵奥様の未来 ~日本に帰る予定はないです~

Q.日本に戻る予定はありますか?

当面はないですね。実は来月からシンガポールに引っ越すことになりました。夫の仕事の都合ですが、海外で生活することに不自由がないので当分の間は日本に帰らない予定です。

Q.ベトナムにいる間にやりたいことはあるか?

残り1ヶ月しかベトナムにいることができないので、お世話になった人への挨拶をしようと思います。4年間もいたので寂しい部分もあります。

※記事内写真はすべてイメージです。

◆子育てのリアル

~日本と全く同じ生活ができるわけではないベトナム。お子さんが関わるとなると神経質になる方も多いはず。駐在奥様は、その違いをどうやって乗り越えられてきたのか?~

テーマ「おもちゃ」

*ベトナムでも、おもちゃは売っているが、子どもは口に入れたりするので塗料の安全性など品質が心配。
*日本のおもちゃも売っているが、値段は定価よりもかなり高い。
*日本に帰国した際に購入して、ダンボール箱でベトナムに持ち帰ることが多い。