『MCV CORP(テレビ屋)』兼『FREEWAY(よろず屋)』でダブルワークをする小森悠矢さんにインタビューしました。仕事観から学生の時しておけばよかったことまでたくさんのお話を伺いました。

komori.png

ベトナムに来た理由を教えてください。

天気が良く、暖かくて、街が幸せそうだから。
不安は全くなかったです。それまでも海外をぶらぶらしていて、どこでもやっていける感じがしてたので。
ご飯も問題なし。数ヵ月の海外旅行で日本食を一度も食べなくても平気です。
むしろ、どの国でもローカル飯はうまいです。適当な日本食を食べるよりは、うまいローカル飯の方が満足度も高いです。

日本で働くことは考えましたか。

まったく。海外という新しい環境を知りたかったのと、前例踏襲の日本スタイルに飽きていたので。停滞している日本より、黙っていてもGDPが6%で伸びている追い風の国の方が楽しいですよね。追い風の場所に身を置くだけで、ボーナスポイントがもらえる。
あと、若さは大事。ベトナムやフィリピン、カンボジア、ミャンマーも、新しいものをどんどん受け入れるので、これからが楽しみです。

ベトナムで働く利点を教えてください。

生活費の固定費が安いっていうのはいいですね。数万円とかあれば暮らしていけて、日本と同じ収入があると余るお金もあって、いろんなチャレンジができます。
ベトナム人の友人も、「ベトナムは起業するか貧乏になるかの二択だ」と言って、初期投資5千円で道端の靴屋を始めました。これを起業というのかわかりませんが、こういうチャレンジがベトナムだと普通なんです。この普通に、僕らは考え方をチューニングしないといけない。

海外の人の働き方を見て、何が日本と一番違いますか。

スピードと覚悟ですかね。
日本人だと無意味に気を使ったり、「常識」からものを考えて最初から無難な道を行く人が多いですが、海外は違いますね。ベトナム人も、中国人も、韓国人も、やるぞ!と決めたら、最短ルートでゴールを達成しに行きます。当然、多少の波風は立つのですが、それをいちいち気にする人もいませんよね。彼らの働き方に勉強させてもらっています。

会社を立ち上げて一番大変だったことは何ですか。

あんまり大変だと思ったことはないです。会社を立ち上げる前の方が大変でした。
ベトナムにきて、人について仕事をしていたのですが、人をあてにすると足元すくわれますよね。
自分の若さと甘さに振り回れた経験の方が大変で、自分でやろうと決めてからは問題ないです。
仕事をすればお金は入ってくるので。
TVの方は、三ヵ月から半年くらい働いたら慣れました。でもベトナムの流れは早いので、最先端についていけるように、その道のプロフェッショナルの元に通って日々勉強しています。

仕事観を教えてください。

ウマのあうビジネスパートナーと楽しい仕事をしようと思っています。
人生短いし、食うに困っている訳ではないので、わざわざ気が滅入るような仕事をすることはありません。倫理観ない人との仕事もゴメンです。僕は常識破りのことは好きですが、誰かがやな思いするような仕事はやる気が起きません。

あと、業種にこだわりはないので、追い風の場所・業界に身を置くことが大事だと思います。
勉強とかこつけて、月に2回海外に行くことをノルマとして自分に課しています。
街の雰囲気、ローカルマーケットに売られているもの、みんなが食べているもの、若い子たちが何に時間とお金とエネルギーを使っているのか、そんなのを見ていますね。いろいろな国を見ているうちに自分の中に基準ができて、日本もベトナムも相対的に見れるようになるんです。
それと、意識的に新しいことをやる余裕を作っています。
まずは生きて行く分を確保して、余った分で一発ホームランを狙っています。だから、なんど空振りしても死ぬことはありません。そんな余裕がないと嘆く人もいますが、だから固定費を下げることが重要なのです。固定費とは、お金だけじゃなくて、時間とエネルギーも含みます。金はあるけど時間がない、時間はあるけど金がない。どっちも同じくらい問題です。

働くことに一番必要なことは何だと思われますか。

一番はガッツですね。覚悟と同じ意味です。
大抵のことはガッツがあればできます。努力よりもガッツが必要です。世の中にはやりもしないで出来ないという人が多すぎます。だからガッツマンになるだけで、上位5パーセントに入れます。能力もノウハウも後からついてきます。やってみて、できなかったらごめんなさいでいいじゃん。

あとは、目利き。伸びる国というか都市、業界、人を選ばないといけない。ほっておいてもGDP6%ずつ成長でしょ?そこら辺の人の給与が10%ずつ上がっていくんですよ。やばいよね。今年もEXCELしかやってない社員も、ちゃんと上がってくんだからね。目聞き上手なのかもね。

学生の時にやっておいた方が良いことは何ですか?

好きなことをすればいいじゃん、と思うけど、僕がいま学生だったら新しいこと、新しい人、新しい場所を経験するために動くかな。 それが一番の学びになると思うので。あ、いまの僕と同じか(笑

将来展望を教えてください。

幸せに生きたいです。その時に一番いい場所でウマのあう人と楽しく仕事したいですね。時代が変わるので、仕事内容も変わり、新しいプロジェクトをしていると思います。ホームラン打ちたいなぁ。

取材を終えて
新しい考えやアイディアをたくさんお持ちで、常に自分がどうすればワクワクするのかを考えておられるなと感じました。自分がしたいことやりたいことを自覚することで、今何をすべきかが分かり、行動に移せると学びました。目指せガッツマン!

取材日:3月8日 渋谷有理奈(JAC Recruitment Vietnamインターンシップ生)


※「ベトナムで働く日本人インタビュー」とは?

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
「JAC Recruitment Vietnam」
  X  
「ベトナム生活観光情報ナビ」
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

ベトナムで働く人々を応援したい!
そんな思いからはじまった、2社によるコラボレーション企画です。
JACベトナムに来たインターン大学生たちが、ベトナムで働く日本人インタビューをさせていただきました。
なぜベトナムで働き始めたのか?これからの目標は?プライベートは?etc
「ベトナム生活観光情報ナビ」に随時掲載させていただいております。

※あなたもベトナムで働きませんか?
ベトナム求人・転職・仕事・就職なら、ぜひお気軽にJACベトナムにご相談ください!

▼ベトナム最新求人情報はこちらから! ▼
http://www.jac-recruitment.vn/index-jp.html

▼FaceBookファンページやってます!▼
https://www.facebook.com/jacvietnamacademy

▼INSTAGRAMも日々更新しております。▼
https://www.instagram.com/jac_vietnam/