SoftBank Telecom ベトナムでAIやロボットの開発を中心に、様々なネットワークを設計構築された工藤直毅さんにインタビューさせていただきました。日本では金融系のシステムを設計構築や、データベースなどをされており、様々な考えや経験についてお話を伺ってきました。

softbankkudo1.jpg

ベトナムに来てどういったことをされてきましたか。

ベトナムとカンボジアの大型店舗ネットワーク構築など、ベトナムとカンボジアを行き来していたこともありました。最近は、ペッパーのお兄さん「なおちゃん」ロボットのシステムの改定や、AI(人工知能)サーバーをFPT(ベトナムの大きい会社)と一緒に開発しています。今のAIサーバーは画像認識や、喋っていることをテキストに変える言語認識の技術がありますが,FPTとは,ベトナム語の言語認識システムを作っています。

ITはどのように学んだのですか。

ITを教えてもらったことはなく、最初は、プログラムやネットワークから覚えていきました。本屋行けば本がある日本の状況を利用して、何度も通って立ち読みして覚えました。ITは、人間が作り上げたものだから覚えようとしたら100%覚えられるものなので、他の自然科学などと比べたら、簡単だと思います。20歳前半までコンセントを抜いてウインドウズを消していたようなアナログ人間でした。そこそこ覚えると、裏側が見えて面白いです。

ベトナムの生活はどうですか。

ビールが安いことが一番いいです。日本の満員電車に乗ることも無くなります。働き方が網羅できるところも自分に合っているといます。また,日本ではアポを取るのが難しい人でも、ベトナムでは会えたりするので幸せです。

海外で仕事をするのに抵抗はありませんでしたか。

ありませんでした。人間は、踏み込む前に考えすぎると、わからない世界に対して、マイナスや躊躇を考えてしまうので踏み込んでから考えたほうがいいと思います。ベトナムでは確かに、いやなこと、つらいことの方が多い気もしますが、そのほうが人間を成長させてくれると思います。

将来はどういったことを目指していきたいですか。

IT情報技術は、世界を平準化できると思っています。日本のような何でもある環境に生まれたので、東南アジアなどにせっかく学んだITを持って行きたいです。学校には行けない人の中にも優秀な人がいます。どこに生まれても、インターネットにつなげば上に登っていけるようなシステムを作りたいと思っています。将来的には、アフリカなどもっとシビアな環境を開拓したいと思っています。

(取材日 2018.3.7 JACリクルートメント インターン生 黒川実結)

softbankkudo2.jpg

※「ベトナムで働く日本人インタビュー」とは?

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
「JAC Recruitment Vietnam」
  X  
「ベトナム生活観光情報ナビ」
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

ベトナムで働く人々を応援したい!
そんな思いからはじまった、2社によるコラボレーション企画です。
JACベトナムに来たインターン大学生たちが、ベトナムで働く日本人インタビューをさせていただきました。
なぜベトナムで働き始めたのか?これからの目標は?プライベートは?etc
「ベトナム生活観光情報ナビ」に随時掲載させていただいております。

※あなたもベトナムで働きませんか?
ベトナム求人・転職・仕事・就職なら、ぜひお気軽にJACベトナムにご相談ください!

▼ベトナム最新求人情報はこちらから! ▼
http://www.jac-recruitment.vn/index-jp.html

▼FaceBookファンページやってます!▼
https://www.facebook.com/jacvietnamacademy

▼INSTAGRAMも日々更新しております。▼
https://www.instagram.com/jac_vietnam/